空家について

 

建物や土地を管理されていない状態で放置されてしまうと、老朽化による倒壊の危険性や、ゴミ等の不法投棄を誘発する場合もあり近隣住民に危険を及ぼす可能性が高いと行政が判断すると ”特定空家” に指定される場合があります。

平成27年5月に施行された『空家対策特別措置法』特定空家に指定されれた後に自治体から改善の勧告を受けると、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されず、更地の状態と同等の6倍となってしまいます。